ナラティヴ実践協働研究センター(NPACC:エヌパック)

ナラティヴ・カウンセリングの実践、専門訓練、そして協働研究

ナラティヴ実践協働研究センターの概要


Our Journey

 2018年、「ナラティヴ・セラピー」というカウンセリングのアプローチに魅せられた数人の日本人カウンセラーが、ニュージーランドのハミルトンという町で出会ったところからNPACCのアイディアは生まれました。

 当時、このアプローチは日本にはほとんど広まっていませんでした。しかし、一人一人の人生の歴史やその人の持つ価値観を大事にし、誰一人として責めることなく、人生の選択や考え方の新しい可能性を共に探していこうとするこの新しいカウンセリングのアプローチが、今の日本の対人援助の領域、特にそこでかわされる会話という営みに新しい風を吹き入れることは間違いないように感じられました。

 そこから、このニュージーランドの田舎町で、夜な夜な集まっての話し合いが始まりました。ああでもないこうでもないと議論を重ね、志を共にする輪を拡げながら、この新しいアプローチをベースとする、実践、トレーニング、そして研究を含めた、多くの協働の可能性に開かれたカウンセリングセンターとしてNPACCの構想が形作られていきました。

 これまでの経緯、そしてこれからのことについては、順次ここで報告していきます。

  • 2018年12月〜2019年3月: NPACC設立のためのクラウドファンディング・キャンペーン(みなさまの支援によって、1月25日で、目標金額に達成しました)
  • 2019年3月末:一般社団公人の手続き完了
  • 2019年4月3日:一般社団法人の事務所契約完了し、使用開始(ただし、内装は今後)
  • 2019年4月6日:NPACC発足説明会
  • 2019年5月:NPACCナラティヴ実践トレーニングコース開始 & ナラティヴ・カウンセリングの提供開始予定

(2019年4月19日に経歴を更新)

 

Mission Statement

私たちのミッション

「人が問題なのではない、問題が問題なのである」 We believe that the problem is the problem, the person is not the problem.


「周縁化された物語が語られ、認証される場となる」 We offer this space for the marginalised stories to be told and be witnessed.


「その人こそが、その人自身の人生の専門家である」 We believe that only the person can become the specialist of his/her own life.


「支えられる構造と実践で、技術を磨き続ける」 We develop and enhance our practising skills in this supportive arena.


「人と人が出会うこと、つながることの価値を知る」 We believe in the value of being connected through meeting others.


「協働への可能性を開き、持ちうる知を公共のものにしていく」 We offer collaborative opportunities and publicly share our experiential knowledge.


Practice Map

 NPACCの実践地図

NPACCは、ナラティヴのアプローチをベースとしたカウンセリングを提供することに加え、カウンセラーのトレーニングや、研究を含む様々な協働事業を実践していくなど、幅広い活動のための総合的な拠点として設立されました。中でも、NPACCでは、大きく3つの事業を柱に据えています。

 

1.カウンセリング事業

2.トレーニング事業

3.協働研究事業

4.その他の協働事業と知の公共化

詳しい内容は以下のページをご覧ください。


 

NPACC実践のベースとなるアプローチ

 NPACCでは、その実践のベースに「ナラティヴ・カウンセリング」と呼ばれるアプローチを置いています。これは、オーストラリア人のマイケル・ホワイトとニュージーランド人のディヴィッド・エプストンという2人のセラピストの貢献を中心に形作られた治療的枠組みです。ナラティヴの・カウンセリングは、実践に対する哲学的、思想的なスタンスを大切にしており、簡単に定義、説明することは難しいのですが、ここではナラティヴが大切にしている考え方や魅力的なアイディアの数々を紹介していくことで、私たちの姿勢や取り組みについてできる限りお伝えしたいと思います。

新着情報

本センターの活動内容については、以下のブログページにて順次更新しています