プライバシーポリシー

一般社団法人 ナラティヴ実践協働研究センター(以下、「NPACC」と称する)が、本サイトおよび業務を通して取得する、利用者の個人情報については、細心の注意を払うべくプライバシーポリシーを定め、以下のように取扱いをいたします。

1.個人情報の定義について

NPACCでは、個人情報の保護に関する関係法令及びその他の規範に規定される、特定の個人を識別できる情報(氏名、住所、年齢、性別、生年月日、会社名、電話番号、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるEメールアドレス、ユーザーID、パスワード等の情報、及び個人情報と一体となった、相談内容、質問回答等、に関する属性情報を個人情報と認識します。

2.個人情報の収集について

NPACCの各種サービスを利用される際に、個人情報を伺う場合があります。各種サービスの利用にあたり、個人情報を収集または利用する場合は、適法かつ公正な手段により収集され、業務の遂行上必要な限りにおいて取扱うものとします。

3.個人情報の利用

NPACCは、法令により例外として扱うことが認められている場合を除き、後項に定める利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報を利用します。

4.利用者データベースの作成

NPACCは、各種サービスの運営、管理を目的として、個人情報のデータベースを作成することがあります。NPACCは、このデータベースを運用するにあたって、その漏えい、滅失又はき損の防止等、その管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

5.統計処理されたデータの利用

NPACCは、収集した個人情報をもとに、個人を特定できないよう配慮した統計データを作成することがあります。これらのデータは、NPACCのサービス向上のため、または研究のために利用することがあります。また、研究論文、書籍、報告書などに掲載することもあります。

6.匿名処理されたデータの利用

NPACCは、収集した個人情報をもとに、匿名処理を行ったデータを作成することがあります。ここで匿名処理とは、利用者本人と関わりのない符号又は番号を付すこと等によって、その個人が識別できないようにすることをさします。これらのデータは、NPACCのサービス向上のため、または研究のために利用することがあります。また、研究論文、書籍、報告書などに掲載することもあります。

7.NPACC内での情報の共有

NPACCでは、実施しているカウンセリングの安全な管理運営や、同社団法人内での事例検討のために、同社団法人内に限り、収集した個人情報を共有することがあります。

8.アウトサイダーウィットネス&リフレクティングチームにおける個人情報の取り扱い

NPACCでは、アウトサイダーウィットネス&リフレクティングチーム(以下、OW&Rチームといいます)として、担当カウンセラー以外のカウンセラー、OW&Rチーム名簿登録者、および適切と認めた第三者がカウンセリングに同席することがあります。その際、OW&Rチームとして本サービスに関わった者は、その活動を通して取得した個人情報について、本プライバシーポリシー及び、別途定める「アウトサイダーウィットネス&リフレクティングチーム参加プログラム遵守事項規約」に基づいて、守秘義務が課せられます。

9.スーパーヴィジョンにおける個人情報の取り扱いについて

カウンセリングサービスの質を担保するために、NPACCに所属するカウンセラーは、自身の関わるカウンセリングについて、必要に応じてスーパーヴィジョンを受けます。その際は、守秘義務が課せられた専門家内に限り、収集した個人情報を匿名処理(「4.匿名処理されたデータの利用」参照)したうえで共有することがあります。

10.研究やその他の事業への個人情報の利用

NPACCでは、カウンセリングの発展を目的とし、本サービスを通して収集した個人情報を、カウンセリングの研究やその他の事業(関連書籍の作成、第三者との協働研究、学会や外部ケース検討会での発表等)に利用する場合があります。この際、個人情報の利用は、あらかじめ利用目的、利用方法の説明を利用者本人に行ったうえで、利用者本人から同意を得られた時に限るものとします。その際、NPACCは、その利用者本人の意思を最大限に尊重した上で、利用者本人との合意を得られた条件の範囲で、個人情報を取り扱います。

11.個人情報の第三者への開示について

NPACCは、下記に該当する場合を除き、利用者の同意なく個人情報を第三者に開示することはありません。 ただし、以下の場合はその限りでありません。なお、この場合でも取り扱いを慎重に検討し、対処いたします。了解が得られないまま緊急の対応を行った場合は、その後も継続して利用者に説明を行うよう努めます。

  • 法令により情報の開示が求められる場合。
  • 自他に危害を与えるおそれがあり、守秘よりも緊急の対応が優先されることがある場合。
  • 利用者の安全、利益、権利の確保のために必要であるとNPACCが判断した場合。

12.個人情報の訂正および削除について

NPACCの各種サービスを通じて取得した個人情報は、原則として本人に限り、開示・訂正・削除を求めることができます。個人情報開示・訂正・削除の依頼があった場合、利用者本人であることを確認し、NPACC内で協議の上、対応します。

13.本人確認について

NPACCでは、利用者がサービスを利用する場合や個人情報の開示・訂正・削除もしくはサービス停止を求める場合等において、個人を識別できる複数の情報(氏名・住所・電話番号・生年月日・メールアドレス等)により、本人であることを確認します。本人以外が個人を識別できる情報を入手し使用した場合、NPACCは責任を負いません。

14.免責事項について

NPACCの各種サービスの利用者が登録した個人情報の内容が正確かつ最新であることについては、利用者本人が責任を負うものとし、NPACCは免責されるものとします。

15.その他

社会的な諸事情を適正に鑑み、特段の告知無く、プライバシーポリシーを部分的に変更、修正、追加、削除させて頂くことがございますので予めご理解ください。

NPACCの特定個人情報等の取扱いに関する質問、意見については、お申し出ください。

付則 2019年5月施行