ナラティヴ・セラピー・ プラクティス・シリーズ 2023

ワークショップ「ナラティヴ・スーパービジョン(リフレクシヴ・コンバセーション)
2022-09-13

ナラティヴ実践協働研究センター主催オンライン講座

ナラティヴ・セラピー・プラクティス・シリーズ 2023
(NTPS2023: Narrative Therapy Practice Series)

本シリーズは、ある程度ナラティヴ・セラピーを学んできた人が、プラクティスを通じて、理解を深め、技術を磨いていくためのものです。

そのため、本シリーズは、ナラティヴ実践協働研究センターのナラティヴ・セラピーについてのワークショップに参加したことがある人が対象となります。また、JICDやJIELが主催したナラティヴ・セラピーのワークショップに参加した人も対象となります。

興味のあるセッションだけを選んで受講することもできます。また、すべてのセッションに参加したい人のために「シーズンパス」も提供いたします(なお、シーズンパスは、個別にすべてのセッションを受講するよりも少し割り引いた値段になっています)。

このプラクティス・シリーズは、ナラティヴ・セラピー・ワークショップ・シリーズ(NTWS2021、NTWS2022)でナラティヴ・セラピーの基本を学んだ後、より実践的に深めていくものとして企画しました。

このナラティヴ・セラピーについての基本を学びたい人のためのワークショップシリーズについては、2021年に実施したワークショップ・シリーズをビデオ録画したものを活用するシリーズ(NTWS2023)を提供する予定です。ナラティヴ・セラピーの基本から知りたい人は、こちらのシリーズをご検討ください。(https://npacc.jp/2022/3489/)

本シリーズは、全8セッションからなっており、ワークとその後のディスカッションを通じて、ナラティヴ・セラピーの技術を磨き、その理解を深めていきます。できるだけ、実践に近いワークを用意したいと考えていますので、実践に近いプラクティスをすることができます。

ZOOMというアプリを利用してのオンライン講座となりますので、インターネット環境と視聴機材がありましたら、どこからでも参加することができます。

〈シリーズの日程と内容(2023年)〉

1.1月28日(土)9時半~4時半 カウンセリングの基本的応答

2.3月25日(土)9時半~4時半 外在化する会話

3.5月20日(土)9時半~4時半 OW&Rチーム

4.6月24日(土)9時半~4時半 コラボレイティヴ・チームでのダブル・リスニング

5.7月22日(土)9時半~4時半 再著述する会話

6.8月19日(土)9時半~4時半 文書化の実践

7.11月11日(土)9時半~4時半 修復的実践(ロール・モデル・プレイ)

8.12月16日(土)9時半~4時半 RCによるグループ・スーパービジョン

〈参加費用など〉

  • 1回の参加費 8,000円(消費税込み)
  • シーズンパス(8回分) 54,000円(消費税込み)
  • ファシリテーター 国重浩一、横山克貴、白坂葉子

注: シーズンパスの販売枚数は、30名までとさせていただきます。シーズンパスは、ひとたびコースが始まりましたら、キャンセルはできません。コースが始まる前でしたら、キャンセル料はいただきません(ただし、Peatix側の返金手数料が発生することがあります)。

  • 募集人数 各セッション 40名程度(シーズンパス枠30名、単体セッション参加枠10名)
  • 実施形態 ZOOMを用いたオンライン講座
  • 申込先:(シーズンパスの申し込み) https://ntps2023pass.peatix.com
  •     (単体の申し込み) https://ntps2023.peatix.com
  • プログラムの申し込みは、10月1日土曜日、午前7時からとなります。

〈奨学枠について〉

本奨学枠は、ナラティヴ・セラピーを学びたいけど、経済的に難しい人を対象にしています。

対象者: ナラティヴ・セラピーを学びたいけど、経済的に難しい状況にある人。対人支援の職に就いている、または対人支援の職に就くために学んでいる人を対象とします。つまり将来的に、ナラティヴ・セラピーを自分だけのためでなく、人のために役立てたいという気持ちのある人が対象になります。

本奨学枠で参加できるワークショップ: ナラティヴ・セラピー・プラクティス・シリーズ 2023(全8回) 特別な理由がない限り、すべてに参加する必要があります。

募集枠: 2~3名

募集期間: 2022年11月30日午後11時まで

応募は次の項目を明記して、メールでNPACC(narrative@npacc.jp)までお送りください。

1.氏名(よみがな) 例)山田太郎(やまだたろう)
2.年齢層 例)40歳台
3.活動領域、専門分野、教育課程
4.所有資格、または将来的に取得を目指している資格
5.経済的な支援が必要とする理由を簡単に教えてください

選考: 2023年1月15日までに、メールでお伝えします。

選考方法: ナラティヴ実践協働研究センターのスターティングメンバーが、エントリーシートを読んで、推薦者を数名選んでもらいます。奨学枠は、推薦を得た票の多い順に決めます。

条件: 奨学枠で参加する際には次のことが義務づけられますので、ご理解ください。

・ 特別な理由がない限り、すべてのワークショップに参加する必要があります。
・ ワークショップシリーズが終了したら、すみやかにナラティヴ・セラピーについてのエッセイを提出してもらいます。文字数に特に制限はありませんが、少なくとも3000文字ぐらいは書くことを期待しています。

〈ZOOMについて〉

オンラインでの実施の際は、ZOOMというオンラインミーティングのサービスを利用する予定です。ZOOMとは、いつでも、どこでも、どんな端末からでもWeb会議を実現するクラウドサービスで、簡単に言えば、複数人での同時参加が可能な「ビデオ・Web会議アプリケーション」です。

PC、スマートフォン、タブレットなど、現在一般的なデバイスであればZoomをインストールできます。マイクやカメラが搭載されていない端末でも、汎用品の外部機器を接続すれば電話会議、ビデオ会議が可能です。また、Windows、MacOS、Android、iOSなど、あらゆるOSに対応しているのも特徴で、Zoomの利便性を高めています。

(引用先:https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/practice/zoom-meeting.html

ZOOMのインストールについて Zoomは無料のアプリです。次のリンクから必要に応じて、アプリをダウンロードしてください。https://zoom.us/download

また、ZOOMは、頻繁にセキュリティ向上のためと、機能向上ために、アップデートを頻繁にしています。ZOOMは最新版アップデートして、参加していただくようお願いします。

〈領収書について〉

Peatixでは、領収書を発行することができます。その要領につきましては、次のサイトを参考にして、領収書を発行してください。Peatixの領収書の説明はこちらから

主催: ナラティヴ実践協働研究センター

連絡先: narrative@npacc.jp